フレグランスと香水の違い?香水の香りと種類をチェック!

フレグランスと香水・コロンの違いや、香水の香りと種類を買う前にチェックしよう!

フレグランスの使い方や付ける場所も併せて紹介します★

香水を選ぶ上で、覚えておきたい香水の種類特徴を紹介!!

フレグランスと香水の違いとは?コロンと違う?

フレグランスとは、香料製品全般のことを指します。

その中でも、「香水」は、エタノールと香料でできた液体のことを指しています。

フレグランスの中には、香水や石鹸のような化粧品類や、柔軟剤、芳香剤などの室内香料などの食品以外が含まれます。

間違われやすいですが、コロンは香水の中の一種類です。フレグランス>香水>コロン

フレグランスの英語のスペルは?直訳すると?

フレグランス=香料製品を指していますが、fragranceの言葉の意味は、名詞でかぐわしいこと香気、芳香を指しています。

【例】To smell the fragrance of flowers.(花の香りを嗅ぐ)

Smelと類似していますが、”いい臭い”という意味が強いです。

香水の種類の違いや持続時間は?

「香水」は、エタノールと香料を使った香料製品のことを指します。日本では、パルファム、オードパルファム、オードトワレ、オーデコロンの4種類をまとめて香水と呼んでいます。

日本では、薬事法による規制がないためメーカーが独自に使い分けることもしばしば。

一般的に香水と呼ばれているのはパルファム(parfum)を指しています。

香水はそれぞれ濃度が異なり、香りの持続時間も異なります。上から濃度が高く、香りが長く続きます。

パルファム
→濃度:15%~30%、持続時間:5時間~12時間
オーデパルファム(オーデパルファン)
→濃度:10%~15%、持続時間:5時間~12時間
オードトワレ
→濃度:5%~10%、持続時間:2時間~5時間
オーデコロン
→濃度:1%~5%、持続時間:1時間~2時間

パルファムは香りが強いのでパーティーなどに向いています。汗に強く、持続時間が長いですが、飲食店や病院などでは香りが悪目立ちする場合もあるので注意が必要です。

オーデパルファム(オーデパルファン)はパルファムより濃度が薄いです。オードやオーデとは、「水の」という意味であるため、濃度が低くなっていることを表しています。パルファンに比べると濃度が低い分、価格が少し安いのも特徴です。ですが、持続時間は同じなのでパルファンより香りが弱いほうがいいという方にオススメ。“eau de Parfum”の略で”EDP”と表記されます。

オードトワレは、日常生活で使うのに適しています。「トワレ(Toilette)」は「化粧」という意味のフランス語で、「オーデトワレ」を直訳すると「化粧水」という意味になります。“eau de toilette” という綴りのため、 “EDT” と表記されます。

オーデコロンは優しく香るのでオフィスワークの場などでも使いやすいので初心者にもオススメできます。「コロン(Cologne)」はドイツのケルンという都市を意味しています。直訳すると「ケルンの水」という意味です。香水発祥の地はドイツのケルンと言われています。世界最古の香水であり、ドイツに移住したイタリア人調香師の手によって1709年に生まれました。

香水の香りの種類(フレグランスの香り)

香水は多くの香りがミックスされていますが、それぞれ”テーマ”を決めて調合されています。

調合の違いで〇〇系といった分類に分けられています。フレグランスの香調の基本はシトラスとフローラルです。代表的な香水の香りの種類を紹介します。

  • シトラス系…オレンジ、レモン、グレープフルーツ、ベルガモットなど柑橘系フルーツの爽やかな香り。
  • フローラル系…ローズ、ラベンダー、ジャスミン、ゼラニウムなどからなり、日本人の女性に人気の香りです。フローラル系の香水は世界の香水市場の6割を占めるそう。
  • オリエンタル系…スパイシーで甘い香りが強く、持続性のあるエキゾチックな香りです。香辛料や樹木(バニラやミルラなど)、動物性の香料(ムスク、アンバー)などで構成されています。
  • ウッディ系…木や森の落ち着いた香りです。サンダルウッド(白檀)、シダーウッド、サイプレス、ヒノキ等もよく使われていて、メンズ向けの香水が多いです。

香水のラストノートの意味って何?

香水を選ぶ際によく聞く「ノート」という言葉とは何でしょうか?

香水において、時間の経過と共に変化する三段階の香りを、始めからトップノート、ミドルノート、ラストノートと呼びます。

  • トップノート

香水を付けてから5~10分後くらいに香る香りをトップノートといいます。香水の顔となる香りです。ただし、最初の香りなので印象は強いですが、すぐに消えてしまいます。トップノートにはレモンやベルガモットなどの柑橘系やグリーン系の香りが多く使われます。

  • ミドルノート

ミドルノートとは、香水を付けてから30分~1時間後くらいの香りです。ミドルノートは付けた香水のメインとなる部分で、その香水の”テーマ”や個性が最もよく表現されているため別名「ハートノート」と呼ばれています。2~3時間程度香りが続くので香水を選ぶ際はミドルノートを確認して選ぶことをお勧めします。

  • ラストノート

ラストノートとは、香水をつけてから2~3時間後くらいに香る香りです。香水の余韻、残り香を指しています。ラストノートにはバニラやムスクなどの香りが多く、「ベースノート」という呼び方もします。

ポイント!

香水は付けた人の体臭で香りが違ったり、体温で持続時間も異なります。最初から最後まで香りが変わらない「シングルノート」や、付ける人の肌によって香りが変わる「シンクロノート」という種類も存在します。また上記でも紹介している香水自体の濃度、持続時間によってノートの香りのタイミングは異なっています。

香水を選ぶときはまずは試してみることと、時間をおいて香りを確認することがポイントです!

フレグランス(香水)の使い方?付け方

フレグランス(香水)の使い方は具体的にはどこにつけて、どんな付け方が良いのか紹介します!

香水は、温度が高ければ高いほど強く香りを放つ特徴があります。手首や耳の後ろに付けているイメージがあるのはそのためなんですね。

フレグランス(香水)の付ける場所

  • 耳のうしろ、うなじ

耳の後ろやうなじは体温が高い場所なので少量でも香りを発します。

  • 手首

定番の手首は血管も多く、動作も多いので一番香りを広げやすい場所です。少し強めに香りをつけたいときに。

  • 太ももの内側、ヒザの裏

香りのキツさが苦手だという人向け、少しだけ香りを纏いたい時は太ももやヒザの裏側に付ければきつすぎずほのかに香ります。香水は体温で温められて香りが上にいくので、くるぶしや内もも、膝裏の下半身はオススメです。

  • お腹、胸元

体温が高い部位なので香りが広がりやすいのが特徴です。全身に香りを纏っているように周りも感じるポイントです。

フレグランスの付け方の注意点とは?

  • 清潔にして付ける

香水は汗や体臭と混じり香りを発します。そのため汗のかきやすい場所、体臭の強い場所は香りが楽しめないことと、清潔な肌につけることが大切です。

  • 香水はワンプッシュでOK!

香水に慣れてくると自分で香りに慣れてしまい香りが”キツく”なってしまいがち。すれ違い様に”香水臭い”人っていますよね。

ワンプッシュで十分な香りがつくので付けすぎに注意しましょう!

  • 香水はこすらない!

手首に香水をつけてこする人が多いですが、香りの粒子がつぶれてしまうのでこすっては香りが持続しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)